FC2ブログ

逃げ場の確保

憂うつな状態が続いてしまったこともあり、主治医と相談して、せめて心身の不調(私自身の個人因子)をできるだけ早くに解決するために、久しぶりに抗うつ剤をとん服で出してもらいました。
正直、抗うつ剤はできるだけ使いたくない、という思いもありました。長く使わない、できるだけ短期決戦してしまうために即効性が高く私が不安に思っている副作用が出にくいスルピリドを飲むことに。

確かに、スルピリドを飲むと憂うつな気分は晴れやすくなります。
低下しがちだった食欲も戻りました(でもできるだけ食べ過ぎないようには気を付けています)。

けれどもやっぱり厄介な社員のやりたい放題(笑)な言動には相変わらず私だけでなく皆を振り回す。
薬が一番効いている状態であっても、やはり近くにいるとそれだけで憂うつだし不安。

上司はそのことについて十分理解をしてくれているし、配慮もしてくれています。
また、周囲の社員や他部署の社員もわかってくれているので、色んな人から「逃げ場」を用意してもらってます。
「逃げ場」といっても、仕事をしないわけではありません。
私が担当している業務は一人で行うものではなく、他の社員と一緒にやることが多いです。
だから例えば打ち合わせなどは私が所属する支店で行うのではなく、他の社員が所属する支店や営業所に出向くように呼んでもらうようにしてくれています。
また、輸送など必然的に外へ出る業務であれば、できるだけ遠い場所を担当して車に乗っている時間を長くしてもらっています。

でも、こんなだましだましがいつまでも続かない。
環境の良い変化が訪れてほしいものです。

ネットショップの開業ならカラーミーショップ
スポンサーサイト

テーマ : 適応障害
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

関口由庵

Author:関口由庵
うつ病、自律神経失調症、適応障害と診断名が二転三転して、やがて大人になってから発達障害(アスペルガー症候群)があることがわかりました。
前向きに生きていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします!

アスペルガー症候群ランキング

適応障害ランキング








時系列でお読み頂ける方は
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR